稽古日誌

2016年06月25日

\今日の稽古はー?/ \う〜、ブラックー!/

脱走ブラック!プリマドンナ、今日がついに本番です!
ギリギリではありますが、演出の僕ビーズことワタナベミツヒロが役者紹介をしておきましょう!

ちみん
圧倒的主人公。稽古するにつれて演技の熱量がものすごく上がってきた。演技で場の雰囲気をかき回してくれる。稽古中サルの鳴き声が聞こえたかと思ったらチミンの笑い声のことがある。プリマドンナ班のサル@。

だんじょー
圧倒的に味がある演技をする。彼が醸し出す空気感は何とも言えずコミカルでじわじわ来る。彼のテンポと間にはセンスを感じる。プリマドンナ班のサルたちを取りまとめるいわばボスザル。サルA。

みちこ
圧倒的成長。最初は放送部時代の癖で原稿を読んでる感がすごかったのに、今では見違えるほど自然にセリフを言えるようになった。彼女のゆるーい感じは稽古場の癒し。プリマドンナ班のサルたちをニコニコしながら見ているプリマドンナ班の人間@。

じょにー
圧倒的身長。セリフをとちってもなぜか面白い持ってるやつ。上回生として、不安定ながらも面白い演技を安定してしてくれる彼は、稽古場のムードメーカー。よくお菓子をちみんととりあっている。プリマドンナ班のサルB。

わおさん
圧倒的金髪。ほしい演技をすぐ提示してくれるあたり、上回生の貫録を感じる。プリマドンナ班の目指すテンポ感と間にとって、なくてはならない存在。映像などすごく仕事ができる反面、バカっぽい感じが否めないのでやっぱりサル。サルC。

ぴよこさん
圧倒的ぴよこさん。僕が演出で迷っているときに、ここぞというタイミングで鋭いアドバイスをくれる。そうだよそれだ!ってなる。役的にはそこまで大きくないが、いつも稽古場にいてくれてとても安心感がある。名前的にプリマドンナ班のトリ@。

ばっは
圧倒的モブ感。かいだんでは圧倒的メインって感じだが、モブも圧倒的。特にセリフがないのに、彼がいるだけでなんか面白い。アヒルの書いてあるTシャツをたまに着ているので、プリマドンナ班のトリAということにする。

おーさき
圧倒的おーさき。ヒロインをよくやる彼女だが、モブをやってもしっくりくる。彼女の豪快な笑い声が舞台の雰囲気を盛り上げてくれる。動きに小動物感があるので、プリマドンナ班の小動物@。

たなか
圧倒的田中。少ししか出てこないのにキャラが濃い。出る時間に対する観客へのインパクトのコスパが高い。ほんとそれ。役者としてうらやましくやしい。いろんなところに突然出没するあたり、プリマドンナ班のシカ@。

その他のモブの方々
圧倒的モブ。とてもモブらしさがあり、モブっぽい。さすがモブ。プリマドンナ班のモブ。

ぺんた
圧倒的演出補佐。僕が稽古場に行けないとき稽古場を回してくれたり、いるときにも僕には思いつかない面白いことを、どんどん演出に加えていってくれた。稽古場以外にもいろいろと相談に乗ってくれた。プリマドンナ班の演補。

びーず
圧倒的俺。プリマドンナ班の演出。

はかたさん
圧倒的この作品の生みの親。はかたさんの期待に応えられるよう頑張ります。プリマドンナ班の脚本家。


と、まあこんな感じで霊長類やら猛禽類やらで構成された動物園みたいな稽古場でしたが、そんなメンバーでやるのもとりあえずは今日で最後ということですね。さみしさもありますが、楽ステまで全力で突き進んでいきます!
ワタナベミツヒロでした!おやすみなさイロハス。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリ
過去ログ
記事検索


大阪大学 劇団ちゃうかちゃわん
Mail: chauka.osaka[at]gmail.com
Copyright(C) 2009-2011 GEKIDAN CHAUKACHAWAN
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。