稽古日誌

2016年04月15日

100回目!

ついにね、100回目の公演ですよ!
いえーーーーーーーーーーーーいーーーーーーーーって感じなんです。けど実際みんなそんなに100回目ってことに感心を持ってないんですよね。こういう回数の記念(例えば母校の創立50周年とか)に今まで関わったことないからよくわからんけど、その最中にいる人はこんな感じなのかなとか思いつつ、、、、、、、、、

お久しぶりです
わおです

本番2日目ですね
演劇は動画でも見れるけどやっぱり生で見るのが一番、役者やスタッフたちの熱量やその公演にかける想いを肌で感じに来て下さい!

少々役者紹介をば
二四浦
今回の主役 初めての主役でいろいろ苦労しながらも頑張っていいものを作ってくれた!
彼は稽古で一番頑張ってたと思う。ありがとう!
大崎
ヒロイン、もう最近は看板女優になりつつある彼女。脚本をよく読み込んでいる。安定した演技でいつでも安心して見れる!すごい

とりあえず役者、今日はこれだけ
あとは
演出のあっくん
お疲れ様!忙しい中とても頑張っていた!その分、身を剤っていたが、、、、彼無しでは公演の成功はありえない(当たり前か)!脚本から演出まで本当にありがとう!
残りの本番はわれわれ役者におまかせください!

以上

posted by ちゃうか at 11:52| Comment(0) | Vol.100 新歓公演「てのひらを太陽に」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝に稽古日誌書く系男子

おはようございます。
朝に稽古日誌書く系男子こと27期 岡本卓也です。
そんな異名聞いたことないって?
そりゃ、そうです。今日から名乗り出したんですから。そして、もう使うことはないでしょう。
ってか、もう昼だし。

世の中にはいろんな○○系がいますね。
ちょっとちゃうかを覗いてみましょう。

心身ムキムキ系男子 松田義顕
彼の細マッチョぶりは多くの人に知られているが、見るべきなのはそのメンタルの強さ!、というか頑丈さ。
そのメンタルのもと行われる彼の立ち振舞いは舞台上にいる誰が主役かもを左右させる。

ガテン衣装系男子 鈴木孝夫
ガテンと衣装という、相容れない2つの要素を併せ持つ本公演初参加の鈴木孝夫。だがその力量は計りしれず、なんと衣装チーフを担当しており、「カーテンなら誰よりも速く作れる」と豪語してるとかしてないとか。
役者としては、松田たよたよと同質の異質さをもつ。

マジもん雑食系男子 山本伊織
彼は良く食べる。そして、いろんなものを食べる。それ、食べちゃうの?ってものまで食べる。でも、お腹壊しているのを見たことはない。彼の胃腸にかかればあらゆるものはエネルギーに変換されるのだ。そして、そのエネルギーを演技を通して彼は観客に分け与えるのだ。
≒ア○パ○マ○

サプライズ好き系男子 広橋佑基
彼は生粋のアドリブ屋である。ただ奇怪なのは、アドリブを仕掛けた本人まで驚いた表情をするところである。今回はどんなサプライズを皆に届けてくれるのだろうか?ワクワク。

爽やかキ○ガイ系男子 ぽんた
彼はある意味憎い男である。普段は笑顔溢れる爽やか男子のくせに、突然気が狂うのだ。そして、すぐに爽やか男子に戻る。だから、一見ただの爽やか男子である。今回、彼のキチ○イ要素が生かされるシーンなどあるのだろうか…。

毒舌かわいい系女子 大崎詩織
これだけ見たら、男子の好きなツボを的確についてきてるただの女子だが、彼女の毒舌はマジで毒なんで、けっこうグサッと来る。毒殺される覚悟のある方はお声をかけてみては。ヒロイン。

ってな訳で、最後にヒロイン突っ込んでムサイ男子とバランスとってみました。

こんな変なメンバーが集まったちゃうかの劇が面白くないわけがない!
本日、本番2日目です。
是非、大集会室へお越し下さいm(__)m
posted by ちゃうか at 11:19| Comment(0) | Vol.100 新歓公演「てのひらを太陽に」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

本番1日目!


おはようございます!
初めての方は初めまして!稽古日誌初めて書きます。塚本です。以後お見知りおきを。

昨日の内容はゲネを行いました!
以上です。

そんなことはもうどうでもいいんですよ。今日から本番です!!!朝からテンションが上がりまくってます!!!!うひょーーー!!!!!

はい。てなわけで今日は本番なわけです。

演劇って映画とかと違ってその日その瞬間しか見れないものだと僕自身思ってるんで、少しでも興味ある方は時間作ってでも見てほしいですね。後悔先に立たずですよ!!!いぇい!!!

なんか真面目なこと言っちゃいましたね。
まあ来てほしいってことです。
少しでも伝わってればいいと思います。

それでは情緒不安定な塚本でした。
アディオス!!!!


posted by ちゃうか at 09:50| Comment(0) | Vol.100 新歓公演「てのひらを太陽に」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここにきて更新ラッシュを迎えるのほんとちゃうかっぽくて私はいいと思うよ


演出が日誌をとても書いて欲しそうだったので、役者紹介します!感謝して欲しいものですね。でもこの公演を0から1にしてくれた彼に私も同じく感謝しているので、これこそ等価交換ですね。私も鎧の弟が欲しかったし、腕のいい機械鎧技師でありポニーテールの似合う金髪美少女の幼馴染に「お前の人生半分くれ」と言われたかったですね。はい。僭越ながら今回がっつり絡む役者さんを2人、紹介させていただきます。

辻ぽよ
個人的に今回最も問題だと思っているシーンを共演する私の同期です。一癖も二癖もあるので、彼女のパワーに必死になってついていってます。私には死ぬまでできないであろうトチ狂った芸当をやってのけてます!必見です。

ジョニーくん
個人的に一番掴めない性格をしていると感じる私の後輩です。なんとも言えないじわじわくる味のある演技を唐突にするのでずるいです。飄々としている癖にもっていくところはきっちりもっていく。
うらやましいです。彼のオーラで消し飛ばされないよう私も精一杯頑張ります。

それから役者じゃないですが、あと1人だけ。この人がいなければ、今公演は存在し得なかったというキーパーソンを紹介します。

あっくん
別名藤田睦。何でもいいからとりあえず寝てほしい人2016年度上半期第1位。素はめっちゃ口悪いはずなのに、なんか疲れているのか知らんけど最近「生まれたてのチワワか?」みたいなゆるい感じの言動と、「道端に落ちてるガムでももう少し元気あるぞ?」みたいな表情を見せることが多いので逆に心配になる。それぐらい身も心も削って頑張ってます。彼の細部までこだわりぬいたこのステージを、ぜひその目に焼き付けてほしいです。

そんな感じで記念すべき劇団ちゃうかちゃわん第100回新歓公演「てのひらを太陽に」いよいよ明日17時より開演です!新入生の方はもちろん、新入生じゃない方もたくさんお待ちしております。よろしくお願いします!

26期三澤でした。おやすみなさい。
posted by ちゃうか at 01:19| Comment(0) | Vol.100 新歓公演「てのひらを太陽に」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

刮目して待て!

新入生の皆さん、そしてその他の皆さんこんにちは ジョニーです。最近バイトを始めたので金遣いがあらいです、イヤホン買おかな。

最近はサーオリがありましたね。たくさん呼び込みしましたよ。 いやぁ しかしね、一般人の前ではなるべく静かに感情を顔に出さないようにしている人間が宣伝活動をして平気でいられるがなんですわ、ええ。だから、なるべく不自然にならないように、はじめは「笑顔」という名の鉄仮面を被って頑張りました。すると慣れるものなんですね、数時間たつと平気になりました(鉄仮面も同時に剥がれましたが)。
サーオリ後の打ち上げは29人も集まったと聞いて(こう云う時に限って予定が合わないのは何故だろう)、本当に頑張ってよかったなと思いました。



さて、ついに第100回新入生歓迎公演「てのひらを太陽に」の一日目の公演が始まります!
私が注目するのは主役の二四浦だ!今回の公演では彼はおそらく初の主役と、今までと全く異なった柄の役を演じている。あの彼がどのように今回の役を演じきるのか…きっとあなたは全く新しい彼を目にすることになるだろう!

以上、英文の直訳のような文でお送りしました。
posted by ちゃうか at 00:34| Comment(0) | Vol.100 新歓公演「てのひらを太陽に」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

さゆさゆだよー(たよたよへの対抗心)

どうもさゆさゆことさゆりです。今目の前で乾かしていた靴の左の方だけインソールが反りくり返って履きにくそうな感じになっています。烏賊を焼くと反るのに似た現象でしょうか。そんなさゆりです。
今回は新入生に向けて書いてみます。

新入生の皆さん、ちゃうかちゃわんに興味を持ってくださりありがとうございます。
今日はゲネでした。ゲネとはゲネラルプローベ(ドイツ語)の略で、要はリハーサルのことです。じゃあなぜリハと呼ばずにゲネと呼ぶのかというと、良く分かりません。そういう慣習なのです。
ゲネは本番と全く同じ要領で行われますからなかなかの緊張感があります。従ってうまくやろう、ミスなくこなそうという気概を持つものですが、私はむしろゲネで大事なのはいかにトラブル、ミスを出し切るかということではないかと考えています。お客様の前でトラブルが起きると悲惨ですからね。
じゃあ今日のはどうだったのかと申しますと、思ったよりミスなく終わった印象があります。従ってとても不安です。(笑)明朝も稽古は出来ますから、最後の追い込みで問題点を潰せたらいいなと思います。
明日より三日間本番です。皆さんのご来場をお待ちしています。

以上さゆりがお送りしました。
あ、私は男です。念のため。
posted by ちゃうか at 23:58| Comment(0) | Vol.100 新歓公演「てのひらを太陽に」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

たよたよの日誌の後だからプレッシャーと恥ずかしさの極み

新入生のみなさんおめでとうございます。
これからたくさんの新しい出会いがあると思います!
そして、今日、僕も新しい言葉と出逢いました。
紹介します、「誇張表現」です
なんか物事を大袈裟に言うことらしいっすね。



コアラのマーチ→ゴジラのオーケストラ

なっちゃん→果汁100%オレンジジュース

大阪大学→NASA

さじを投げる→さじを五郎丸に渡す

怪人二十面相→メタモン

おーい、お茶→おい!おいおい!!返事しろよ!寝るな!寝たら死ぬぞ!!おい、やめろ!頼む!こっちを向いてくれーーーーーー、お茶

隣の客はよく柿食う客だ→隣の客、よく見たら柿だったわ

最近お前とよく会うな→俺木村拓也とマブダチ

私昔太ってたんだよね→今は昔マツコ・デラックス

使い方合ってるんですかね。間違ってたら教えてください。

まあ、こんな茶番は置いといて、2人の役者紹介します!!

さゆりさん…ロシア語専攻の彼はもう、大袈裟に言ってロシア人ですね。もう、ほんとロシア語しか喋らないから意志疎通不可ですね。
そして、動きが美しいです!黄金比保ってます。
久しぶりのちゃうかでの出演なんですかね?
そんな中で共演できてうれしいです。

ぴよこさん…たぶん、僕は初めてぴよこさんと同じ脚本に出演できました!とても努力家な方なんだと思います。大袈裟に言って孫悟空です。精神と時の部屋があったら入りそうです。
また、変なところに笑いのツボがあるみたいです。


はい、というわけで、控えめに言ってperfect humanなバッハでした〜
posted by ちゃうか at 00:01| Comment(0) | Vol.100 新歓公演「てのひらを太陽に」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

またたよたよだよ…

こんにちゎ!!たょたょって言います!♡稽古日誌書くの初めてだから緊張するな…ドキドキ!҉ ٩(๑>ω<๑)۶҉
今日ゎ↑↑↑フレッシュ☆お稽古!キラ×2したセンパイに囲まれてすっごーく×100楽しかったーー!!゚・*:.。.(*°▽°*).。.:*・゜゚・*:.。.(*°▽°*).。.:*・゜


何が悲しくて役者20人もいるなかでこんな短期に3回も稽古日誌を書いているのかわかりませんが、やはり権力者には逆らえないということですね。初めましての方は初めまして。本名は松田っていいます。舞台ではだいたい音速を超えるので、衝撃波で目とか頭とかやられないように探してみましょう。

稽古内容について語ってもいいのですが、気づけばいつも太陽系の成り立ちだのオムライスの成り立ちだのの話に飛んでしまうので、今日は趣向を変えて我々がいつもお世話になっている部室、通称「箱」についてご紹介しましょう。

箱にいればだいたいなんでもできます。鍋や冷蔵庫、炊飯器で料理もできるし、テレビゲームに漫画なんかもあって娯楽には事欠きません。毛布や暖房、空気清浄機があるので、その気になれば寝泊まりできます。「下宿生の下宿かよ」って感じですが、そこはやはり演劇サークル。舞台に使う木材、工具、衣装やメイク道具に各種小道具も揃ってます。また箱全体が巨大なタイムマシンになり、過去に飛ばされるなどして「気づけば1年前に受けたはずの講義を再び受けていた」という怪奇現象も何度か発生したりしてます。うーん阪大。

ええっ!?そんな夢のような箱に行くにはどうすればいいかって!?新歓に顔を出した新入生はだいたい一度は迎え入れられると思うので、ぜひ各種新歓活動に足を運んでみてください!そこには「楽しいことがしたい」というちゃうかちゃわんの極めて単純な行動原理の粋が詰めこまれていることでしょう。まぁまずはサーオリ来たらいいっすねщ(゜▽゜щ)
共通教育棟A202で待ってると思いますщ(゜▽゜щ)
posted by ちゃうか at 23:35| Comment(0) | Vol.100 新歓公演「てのひらを太陽に」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近流行りの


皆さん、ある活動が最近巷で大人気なのをご存知ですか?聞くところによると、最近の若者たちはこぞって我先にと日々これに励んでいるらしいんですけど。私はちょっとそういう流行り?ブーム?的なものに人より疎いところがあったりするんで、よく知らないんですけどね。あっ、その活動っていうのは就職活動っていうらしいんですけど。

稽古日誌で役者紹介をしろって言われたら、常識的に考えて「他の人のことを紹介してあげてね〜」ってことだと思うんですけど、私はちょっとそういう自己承認欲求?自意識過剰?的なところが人より強かったりするので、今回は自分の役者紹介をしようと思います。なんか巷の噂によると、就職活動っていうのはまず自己PRできなきゃ始まらないらしいですからね。いや、あくまで噂なんですけど。

『私の長所は、声が大きいところです。ある過去公演において、公演後アンケートに「どの役者よりも後説の声がデカかった」と書かしめるほどのその圧倒的発声力に自信をもっています。具体的にその力をどのようなことに活かせるのかというと、例えば、私が隣に1人いるだけで満員電車の中で突然強烈な腹痛を催してしまうなどの緊急事態を難なく打破できるでしょう。なぜならば、その場ですぐに「すみませーーん!!この人トイレ行きたいみたいなので、ドアまで空けてやって下さーーい!!」と日本中、いや東アジア中に響き渡るほどの大声をあげ、たとえ乗車率100パーセントを軽く超える列車の中であったとしても、まるでモーゼのように電車のドアまでの移動スペースを確保することができるでしょう。
しかし私には、たかが便意尿意程度で電車をその場で緊急停止させることができるほどの力はありません。所詮、大声をあげて周りの人々を威圧した上、次の停車駅まで「がんばって...!あともうちょっとだから...!ふんばれ...!!」と小声で応援してあげることぐらいしかできないのです。
けれども、それは言い換えると、私にはまだ果てしない伸びしろが残されているということだと言えると私は考えます。すでに体の成長期は過ぎてしまっていますが、私という人間の“““成長期”””は死ぬまで続く、というのが母の胎内にいた頃からの私のモットーなのです。線路はつづくよどこまでもというのは言い得て妙だなとつくづく考えます。電車だけに。人間、謙虚さを失ったらおしまいだと個人的に感じております。
今回の公演において私はいくつかの役を兼役しているのですが、どの役においてもそういった謙虚さを忘れずに日々稽古に励んでおります』

こんな感じでしょうか。絶対違う。
あとなんか気づいたらよく分からん電車の話が全体の8割を占めちゃってたのですが、別に私は乗り鉄でも撮り鉄でもないです。単なる一介の阪急ユーザーです。阪急さんいつもありがとう。

そんな訳でいよいよ来週末、記念すべき劇団ちゃうかちゃわん第100回新歓公演「てのひらを太陽に」ぜひご来場ください!よろしくお願いします!!お目汚し失礼しました。26期三澤でした。

posted by ちゃうか at 03:31| Comment(0) | Vol.100 新歓公演「てのひらを太陽に」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

無題wwwwwwwwwwwwwww

とりあえず草生やしとけばいいみたいなとこありますね
ただ無題といってるわりに、題には「私はとても笑っていますよ」という意味が込められてしまっているので、これはもはや無題ではないのかもしれません。「有題wwwww」とするべきでしたかね。
しかしながら「有題」と言い切るにしては込められた意味が「私はとても笑っていますよ」しかなく、「その程度の題で有題を名乗られちゃたまらんよ」などと言われたら「こりゃあたまらん」「たまらん」って感じなので、それなら「無題のわりには頑張ってるな」と思わせた方が得ってもんですね。
これが『鶏口牛後』です。またひとつ賢くなりました。

どうも たよたよです。基礎工学部です。ついこないだも稽古日誌を書いたように思うのですが、なにやらまた当てられました。振れば出てくるとでも思っているのでしょう。
今回は舞台上で「一緒にバカをやる」役者を紹介したいと思います。普通に紹介してもなんのこっちゃわからんと思うので、新入生にもわかりやすいよう受験科目で例えていきますね。

鈴木孝夫
今回の相方です。脳筋です。そのくせ衣装班でミシンを巧みに操ります。何をしでかすかわからない、まともに理解しようとすることさえバカらしくなるような彼はまさしく「現代文」。ちなみに僕はわりと得意でした。

渡邊光洋
今回の主人?みたいな感じです。どんなムチャぶりにも容易くこたえます。みんなもどしどしムチャぶってみましょう。そんな器用で天パな彼はいわば「数学UB」。無茶な問題には苦戦させられましたね。

山本伊織
今回の同僚です。ハマれば強い、顔芸や動きが独特な彼のなんとも言えぬ演技は「地学」そのもの。医学部志望や一部の物好きに需要があります。どことなく鉱物っぽいですね。

岡本卓也
今回の敵であり同僚です。元東大志望だけあって緻密な思考ができます。嘘をつくのが苦手だという彼は言ってみれば「物理」。成績は裏切っても物理法則は決して裏切らないっすねd(^_^o)

広橋佑基
今回の同僚であり滑舌が悪いです。元東大志望だけあって何言ってるかわからないです。雰囲気で会話を進める辺り彼は「古典」っぽい。めっちゃけなしてるみたいになったけどそんなことはないです。なんなら同業者です。


天下の阪大に入学して、「こんなバカな頭でやっていけるかなぁ」などと不安に思う人もいるかもしれません。一度観に来てみたらそんな不安は吹き飛びます。「こんなのに比べたら私はまだまだ(大丈夫)だ。千年に一度の神童だ」と胸を張っていけることでしょう。
団員一同、頭のネジをゆるめつつ待ってます!!(あと首とかも長くしてます)
posted by ちゃうか at 23:59| Comment(0) | Vol.100 新歓公演「てのひらを太陽に」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンシングちゃうか族

26期の辻です!
立ち稽古前にテンションを上げるために無言で「ダンソンッ!フィーザキィー」のステップを無言で踏む事がマイブームです。
むしろ稽古場でじわじわと流行ってるんじゃないかってくらいよくダンソンステップする人を見かけます。人は誰もが心の奥底にダンシングフィッソン族を飼っているものなのでしょうか。この調子で新入生の心をニーブラやで!

ダンシングつながりで今日はパフォーマンス関連の稽古が多かったです!練習を重ねに重ねて精度が目に見えて高くなっております!本番をお楽しみに!

今日の午前は稽古の傍ら履修登録にキャンパスにやって来た新入生に新歓活動用チラシを配りました!フレッシュな新入生を見る事でこちらも背筋が伸びる気持ちになりました!それと共に新歓活動、公演が近づいてきたという実感も感じさせられもしました!

さーて、サーオリ関連・公演情報は省きまして、本番も近づいてきたので役者紹介いってみよー!

・主人公役の二四浦君
  細かい事を言うと彼のセリフに混じる鼻濁音がきれいだなあと。教祖様、マッチョ系etcと公演ごとに違った魅力が現れる役者。

・ヒロイン役の大崎ちゃん
  役作りに真摯に取り組んでいる印象。彼女の感情解放する演技が日々進化を遂げています!
  
posted by ちゃうか at 02:14| Comment(0) | Vol.100 新歓公演「てのひらを太陽に」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

2回目

この日記を投稿しようとしたら戻るボタンを押して全部消えました。今日まだスマホの履歴にワードが残っているうちに復元します。

こんばんは。
そして入学おめでとうございます。

新入生を勧誘する立場でありながらも、僕も公演初参加の鈴木です。

まだ入って1ヶ月なので演劇についてはあんまりわからないのでそこは先輩におまかせして僕はこのサークルに入ることのメリットについて言わせてください。

@練習場所が冷暖房完備
運動部出身の人ならわかると思うんですが熱中症の心配もなく、冬に練習前の走り込みをする必要もありません。

A人が多いです。
少人数の部活にいた人ならわかると思うんですが、常に同級生がいるのはとてもいいことです。

Bバイト、授業等で遅刻早退欠席出来ます。
お金や勉強も大事

C大学に入って始める人が多いです。
この日誌を書くために聞いてみたら中高では陸上、卓球、野球等関係ない部活に入ってた人が多いなーと思いました。もちろん演劇をしてた人も何人もいます。

D怖い先輩がいないです。
皆穏やかだなと思いますし、縦社会になりにくいシステムになってるのかなという印象です。

見返して思ったんですがこれはメリットが多いことよりもデメリットが特にないというようなサークル紹介文になりましたね。まあでもこういう紹介文があってもいいのではないのでしょうか。デメリットが少ないので新しいことをしてみたい人おすすめだと思います。

最後に僕もまだあまりわかっているのではないのですが、劇団と言われてもピンと来ないと思うので劇団ちゃうかちゃわんの公演をを見に来てください。春休み頑張ってます。

場所がわかりにくいのですが学生会館は本屋のある生協の建て物と大阪王将のある建て物に挟まれたところにある建て物です。


大阪大学劇団ちゃうかちゃわん

第100回新入生歓迎公演
「てのひらを太陽に」

脚本・演出:藤田陸
演出補佐:大川楠人


【日時】
 4月14日(木) 17:00

 4月15日(金) 17:00

 4月16日(土) 12:30〜 

※開場は開演の30分前です

【会場】
 大阪大学豊中キャンパス 
 学生会館2階 大集会室

○アクセス○
・阪急宝塚線〈石橋駅〉より 徒歩約15分
・大阪モノレール〈柴原駅〉より 徒歩約20分

【料金】
 無料!(カンパ制)

【あらすじ】
ちゃうかちゃわん第100回公演、ブラックユーモアあふれるSFファンタジー。核戦争後地下にうつった人類と腐りきった社会を、ある一人の男が救う!?

posted by ちゃうか at 01:37| Comment(0) | Vol.100 新歓公演「てのひらを太陽に」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
過去ログ
記事検索


大阪大学 劇団ちゃうかちゃわん
Mail: chauka.osaka[at]gmail.com
Copyright(C) 2009-2011 GEKIDAN CHAUKACHAWAN

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。