稽古日誌

2015年10月31日

あと1日

おはようございます!雲の切れ間から僕に向かって太陽が差し込んでいる、そんなすがすがしい朝です。

稽古日誌を書き始めようと思ってから既に4日が経ちました。“あと5日”というタイトルが気づけば“あと1日”です。コーインヤノゴトシですね。

まあ、ぐだぐだ言っていても仕方がないので、『木ノ花散ルヤ』班の役者紹介始めます。

(以下、敬称略)

 リュウタロウ/品川拓也/25期
25期の中で唯一、オムニ・学祭と共演しています。感覚的にはお兄ちゃんですが、今回の間柄は幼馴染。何だか感慨深いですね。彼の自然な振る舞いに良い意味で影響されたいと思います。

 ミチル/あかだ/27期
姉でいて妹のようなそんな感じです。役に真剣に向き合う姿勢は見習いたいものですが、頑張り屋さんすぎて、気にかけてしまいます。そんな彼女の見せ場は必見です。
 
 ヨウコ/竹内雪乃/25期
彼女とは初共演(まあ、舞台上で絡むことはないんですが)ながら、何だかそんな感じがしません。ちゃうかのお姉さんとしていろいろお世話になったからでしょうか。20代後半とよくいじられる彼女に「君は後輩って感じがしない」って言われたからでしょうか。
しかし、今回の役どころはそんな大人っぽさが存分に発揮されています。ぜひ、魅了されて下さい。

 ミサキ/松嶋菜々子/26期
彼女は年上のいとこといったところでしょうか。僕の体調を気にかけてくれたり、雑談をしたり、時に見守ってくれています。個人的にホッと落ち着ける場所です。
しかし、今回はそんな彼女の新たな一面を見ることができそうです。

 カケル/佐藤悠二/26期
年が兄弟くらいの差しかない叔父さんって感じです。基本的には向こうペースでことが進みます。今回の彼の役は感情の起伏が激しいので、体力的な意味でも大変だったと思います。
そしてこんな日誌書いてたら「なに上からもの言ってんだよ」て言われるんだろうな…

 警官/カメマル/25期
憧れのいとこのお兄さんといったところでしょうか。演技の引き出しが多すぎて次から次へとキャラを繰り出してきます。稽古中もすごく楽しませてもらいました。
たまに、どこの引き出しに入れたか忘れてオドオドしているのも楽しいです。記憶に残る掛け合いができたらと思います。

 ユウキ(ダブルキャスト)/KIM・BORA/25期
今公演までほとんど関りがなかったので、海外在住のいとこのお姉さんですね。ただ、グローバルな彼女から演技の幅の大切さを改めて教わりました。

 ユウキ(ダブルキャスト)/西浦勇輔/27期
彼はやっと人間に戻ってきました。放浪中の甥っ子とかですかね。ファンの人もそうでない人も彼の醸し出す独特の雰囲気にさらに包みこまれること間違いなしです。

 教師/広橋佑基/27期
彼も独特ですね。男ですけどアクの強い伯母さんですかね。小姑感もいい感じに出してます。ただ、これがはまるんだな。

 生徒/上田優/27期
これは、もう完全に隣のお姉さん。ただ作品に必須。なんで毎回ギャルなんだろ。ギャルのストックだけやたら増えている。ギャルを使い分けられるってホントすごい。

 
 演出補佐/森村一毅
お母さん。まさに縁の下の力持ち。そして、ズバッというときは言う。性別が変わっても上手く生きていけそうなうちの一人。

 脚本・演出/柴田峻
お父さん。この作品を生み出し、木ノ花一家のことを誰よりも思っている。お母さんに依存気味。でも、それが良いバランス。

以上、木ノ花散ルヤ一家(+隣のお姉さん)の紹介でした。
それでは、ゲネという名の家族旅行楽しんできます。西野恭一でした。

2015年10月29日

阪急の車窓から

電車の一番前に座って運転席に顔を向けると、電車が見ている景色が見えます。
住宅街から田んぼへ、街へ、オフィス街へ、目の前にやってきてはすっと、交わることなく横を通り過ぎていくんです。
昔からこの景色が好きでした。
特に夜が。余計なものが見えないからでしょうか。
何か秘密を抱えて囁き合ってるようにも、拒絶しているようにも見えますが、なぜか夜に引き込まれてしまいます。

長くなってしまいましたね。
役者を紹介しましょう。木ノ花です。

品川さん…今作品の主演。力の抜けた人柄を演じるのに苦労してた。よくポテトチップスを食べてるイメージがある。

あかだちゃん…ヒロイン。1回生ながら大変な役どころを任されてる。かわいいヘアクリップを愛用している

ソニンさん…さすがとしか言えない安定感。座り方が常に絵になる美しさ。ポンパドールがすごく似合う

ザラメくん…溢れ出るケイゴ感。分からない方はpv見てください。高所恐怖症を克服し、脚立乗ってガンガン照明吊ってる

亀丸さん…両脚本に出てる。立ってるだけで存在感がすごい。変わったジャージを着てる

博多くん…すごく褒められてる。圧倒的成長を果たしてる。髪の毛染めたから認識に時間がかかる

ぱぽさん…体の動かし方が綺麗。演技が安定してる。チョコレートが好きらしい

バジルくん…外公を脱ぎ捨てた。独特で人の目を引く。丁寧な人柄

うえだゆちゃん…モブなのがもったいない。彼女をもっと見たければ消費者コントがある。私を本名で呼ぶ数少ない人間

いろはすくん…アンストッパブル天然破壊兵器。この一言に尽きる。

舞台上の私達と、これを読んでくださるあなた方と上映中に交わることはありません。
ですが、この脚本を見て何か一つでも思うことがあれば幸いです。

それでは。ぴよこでした。

2015年10月28日

役者紹介


どうも塚本です。
仕込みが始まっております。
今日は僕が今公演で関わる人を紹介して行きたいと思います。

亀丸さん…凄く面白い人。日常でも舞台でも。この人と共演できるってだけでウケることができる。

バッハ…後輩。大道具チーフ。良くも悪くも何をやらせてもバッハ。そんなところがかわいい。あとキレが良い。

ビーズ…最近おっさんにしか見えない。今公演の主役。多分。

丼田中…いつも酒ヤケしてる。

ふらっぺ…友近。

まあこんな感じですかね。
関わる人全員書く気力は見ての通りないです。無理でした。

では難攻不落の小田原嬢、お楽しみに。

おやすみなさい。

2015年10月25日

声が枯れると決まってホーミーみたいになってまうんやけど

こんばんは!25期の松田です!!!

最近いきなり声がかすかすになることがあって怖いです
しかもすぐもとにもどります。なにそれ怖い
いちいち長く書くのめんどくさいのでKKT(声かすかすタイム)と略させてください

私はバイトでレジをしているのですが、それ(KKT)は突然やってきます
※以下KKT中の音声はカタカナ表記

松田「いらっしゃいませーお預かりいたします」
客「お願いします」
松田「こちらの商品ハテープデヨロシイデショウカ(KKT突入)」
客「はい」
松田「んんっ!!んん!!(咳払い ※以下SBI)246エンガイッテン(SBIをするもKKT続行)・・・んん!!(SBI)430エンガイッテン・・・578エンガイッ点・・・646円が一点(突然のKKTの終幕)」

しかもただかすかすになるんじゃなくて、高い松田と低い松田に分裂するんです、怖い
想像つかない人はホーミー(アルタイ山脈周辺民族の間に伝わる歌唱法 by wikipedia)を想像してください。ホーミー知らん人はyoutubeで検索して聞いてください。さっき私も聞きましたが予想以上に松田でビビりました。怖い
お客さんが全然動じないのも怖い


そんな感じです


今回は役者紹介をしたいと思います
USJにたとえながら一気に紹介するよ

かずき(ぺんた)
今回初めて共演するフレッシュ制作ボーイ。
よくでたらめを言う(本人談)。
目と耳の病気に詳しい。これも本当かどうかわからない。
USJで例えると「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」

コイン・ケスギ(高橋)
This is べりーべりーぱーふぇくとぼーい。
さあみなさんも一緒に名前を叫びましょう。
ケスギさまああああああああああああああああ!!
USJで例えると「フライング・スヌーピー」

モブ子1(あずみん)
25期で一番独り言が多い。これ毎回書いてる気がする
あと勢いがすごい。何の?すべての。本当にすべての。
深夜テンションのあずみんニアリーイコールディズニーランド(すごい)
USJで例えると「ジョーズ」

モブ子3(きょーいち)
25期で一番シュール。国家レベルでシュール
「そうは絶対ならないだろ」という神がかり的な奇跡をよく起こす
大都会東京からやってきた天才
USJで例えると「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド〜バックドロップ〜」

モブ子4(サマンサ)
25期で一番ピュア。国宝。
今までの人生で出会ってきた人間たちの中で一番ピュア。
サマンサとサマンサに挟まれて松田もつられてピュアになりたい
USJで例えると「セサミストリート4−Dムービーマジック」

ヒロシ(なかし)
25期で一番ミッキーみたいな動きをする男。
とにかく目立つ。舞台ですさまじく目立つ。
座長という名に恥じないくらいちゃうかの顔
USJで例えると「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」

野良犬(ゆーかちゃん)
25期で一番変なことに付き合ってくれる
ヒロインの演技がめちゃくちゃ上手い。公務員講座仲間
栄養が偏ってる松田に料理をふるまってくれる
USJで例えると「ハローキティのカップケーキ・ドリーム」

モブ男(マルフォイ)
25期で一番じわじわおもしろい
年を追うごとにクセが強くなっていってる気がする
かと思えば普通にシリアスな演技も上手やからずるい
USJで例えると「ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショー」

さまざまなジャンルの役者が頑張ってます!
11月1〜3日はUSJもいいですがぜひ!大阪大学に!お越しくださいー!

2015年10月24日

お疲れさまです!

涼しいですね…ってか寒いですね
通し後の返し稽古中です

通しぶりですね
高橋です

どうすれば面白くなるか会議中です
ネタの宝庫を擁する小田原班はたまに収拾がつくのか不安になります
ちゃんと演出がまとめてくれるので大丈夫だと思いますが

あ、迷走しだしました…
あ、犬も紛れ込んできました…
まだ少しかかりそうです


…とりあえずキャスト紹介でもしましょうか


ナレーター (臼井)
モブと思いきやモブではなかったデビューで果たして以来力を溜めていたのか
最近、笑いのツボが浅いことが判明し…?


ひろし(なかし)
なかし、ひろし
最近バイトを始めたらしいですね
頼れる座長も今回が最後…


よしお(たよたよ)
オムニ、外とネタに進化を加えてきた彼
独特のペースに会場を巻き込む!
今回の役は…?


かずき(ぺんた)
名脇役の道を歩みつつある彼は今回はなんとリア充!?
制作のチーフも務めるように進化を続けています


ももっち(しおりん)
外で主役級を務め、ますます磨きをかけてます
役に真剣で稽古場の端で常に自分(のキャラ)磨きをしています
今回はペアで頑張ってます


そろそろ稽古も終わりますので
ではでは

モブ子の日記@

はぁ、今日も朝からお仕事…
でも負けないんだから💪( ¨̮ 💪)ムキッ
追い風MAXでいっちゃうよ!ビューン

そういえばこの職場もあと少しなのよね…なんでかって?ほら…寿退社❤
ヾ(・д・`;)チャウチャウ

まっそんなだから今日はお世話になった同僚たちのことを写真みながら左から順に考えるわ…(´-`).。o(あらやだみんな可愛い)

image.jpeg

モブ子1(宗田)…
あーはいはい。

モブ子3(尾関)…
こいつとは長いわ…同じお腹で暮らした仲レベルよ…。昨日誕生日だったらしいけど、調子乗るから軽くおめでとうと言うだけにしたわ。まぁ口にしなくても伝わってしまうんだけどねʅ( ´_ゝ`)ʃヤレヤレ…こいつと仕事できるのは至福の喜びよ。

モブ子4(真田)…
とても真面目で、時間内きっちり仕事を終わらせちゃうタイプ👏👏それを生かして、個性として、仕事をやり遂げてしまう様は単純に羨ましいわ。美人だしほんと羨ましいわんもうっ٩(๑`ω´๑)۶空よりも果てしなく心優しい彼女の思いは身体すべてからストレートに伝わってくるわ。ありがとう。

モブ子5(辻)…
仕事に体を張ってる様は尊敬に値するわ。全力な姿や、たまに空回ってしまった姿をみると、むぎゅー🐱ってしたくなっちゃう。お膝の上で寝てていいのよって思うけど彼女はそれを良しとしない。常に獲物を探して闘ってるわฅ(=✧ω✧=)ฅそんな内に秘めた闘争心、見込んだわ。私の後任、任せたよ。

モブ子2(ムンジュ)…
「えぇ〜?なんですかぁそれ〜?アタシわかんなぁい♡」っていう仕事できないタイプだって思うじゃん?いいえ。彼女はこの会社に入り圧倒的成長を遂げたわ。今では仕事の最終段階を担う程にね🐣🐥🐤🐔←ココらへん。私も彼女を信じて託すことができるわ。任せたわよ。


ふぅ。ここまで書いたら疲れたわね。合コン行きたいわ〜どこかにいけめんいないかしら(^p^三^o^三^q^)キョロキョロ…あ!そうそう、職場に一応オトコのコいるんだったわ。ついでに紹介するわね♥(ˆ⌣ˆԅ)

モブ男1(塚本)…
彼は…絶妙に仕事をこなしてくるわ。見てて大変気持ちがいい。もともとできるタイプだったけど、完全にできるヤツ(´՞ω՞`)と化したわ。東京出張中であまり職場で会えなかったのが寂しいわね。まぁ頑張ってちょうだい。

モブ男2(中村)…
彼は職場の姫よ〜もうみんなメロメロよ〜(∩˃o˂∩)♡おばはんたちの悪ノリにも合わせてくれるいい子なのよ〜!彼の親に感謝したくなるわ〜!なんていい子を育ててくれたんでしょう……あ、ここらへんでモブ子1の息子って裏設定にしとく?('ω'乂)ナシ

モブ男3(亀丸)…
彼は「俺がいるから仕事はできている」タイプよ。たまに仕事をしてるのかモブ男3をしてるのかわからなくなるわ。困ったどうしよう。海外出張が多くて職場で見ることはあまりないわ。なのに感じる存在感\\\\ ٩( 'ω' )و ////


ま、こんなものかしらね。難攻不落の小田原嬢はこういう職場での話よ。嘘よ(・ω<)⭐
長くなってしまったし、詳しい基本情報は他の子に頼んだわ。よろしくね。
ではまた会議の時にでもお会いしましょう。アデュー👋👋👋👋👋

99回め

ちゃうかちゃわんの99回目公演は我々25期の引退公演ということで。なんだか光栄に思います。
9が並んだ数字を見るとなんだか切ないですね。99点とか999回とか9999周とか。手の届きそうで届かない感じが好きです。1はいったいどこに行ってしまったのでしょうか。引退したら、探しに行きましょうか。

こんな時間に稽古日誌なんか書いて、だれが見るんだとも思いますが、いかんせんおなかが痛くて眠れないので、どうかご容赦願いたい。

いやあ、引退まであっという間でしたね。世の条理から見れば私のしていることなど塵屑のように小さいことですが、今までの公演を見てくださったみなさんの頭の片隅に何かしらが残ればいいなと思います。今回も同様ですね。引退まで来てとまどうことばかりですが、最後まで全力で駆け抜けようと思います。

そうだなぁ、だれか役者紹介しようかなあ。
私の出演する「難攻不落の小田原譲」は、今までの稽古日誌を読んでくださったみなさんならば、既におわかりのことでしょうが、個性的な役者さんがいっぱいです。とても賑やかで楽しいお芝居ですので、本番まで楽しみにしていただければと思います。
さて、ではその楽しい役者の中のほんの一部ではありますが、幾人か紹介の程をしていきたいと思います。

ようやく眠くなってきたので短めで

○ろっそ(27期):プロデューサー役
笑顔が素敵な27期3本の指に入ります。(個人談)

○たよたよ(27期):秀才よしお役
会話だとボキャ貧、文章書かすと詩的(個人談)

○なかしま(25期):高身長ひろし役
心優しき怪物(褒め言葉)

○大崎(27期):ももっち役
2期下ですが憧れ対象です

○ニヴェ子(26期):SP役
菅原的君の演技が好きだよランキング3位以内に入る

○みさわ(26期):ピッキングマスターミサワ役
しっかり者系ヒモ。養いたい

そういえば今日は朝通しですね。寝ますか。
こんな時間にすみませんでした。
では、野良犬役25期のすがはらがお送りいたしました。

こいつただのカスタード液じゃない

駅で買ったプッチンプリンオーレの味があまりにもプッチンプリンだった驚きで、ホームでしばらく目を見開いたままでプッチンプリンオーレを飲んでました。ふらっぺです

「難攻不落の小田原嬢」キャストの中で、私が共演している人を紹介していこうと思います。
今まで小田原の稽古日誌読んでる方はお気づきでしょうが、キャスト数すごいです。数の暴力です。

武田:ビーズ
役作りのために見た目おっさん化させたら、中身もおっさんになった気がした。
何気にオムニでも原さんの脚本で共演してましたね。

野良犬:菅原さん
荒ぶる衣装班のおねいさん。今回は犬として荒ぶります。
私がうざいぐらいに絡んで行っても笑顔で接してくれる天使のような先輩です。

まさこ:松田さん
ずるいぐらいに面白い役者さんです。
舞台上で松田さんの演技を見ながら地笑いを抑えるのは人類に不可能なんじゃないか。

モブ:塚本さん
劇中でのキャラの変わりようが激しすぎます。
モブ、それどうやってるんだかあたしにはさっぱりだわあ↑(洋画の吹替風に)


私のボキャ貧っぷりが露呈しただけで役者さんの面白さをこれっぽっちも表現できてませんが、きっと「難攻不落の小田原嬢」を見れば十分すぎるぐらい伝わるでしょう。11/1〜3、お時間あればぜひ学生会館へ。お時間なくても学生会館へ。


2015年10月23日

お鍋が美味しい季節になりましたね。

どうもどうもこんにちは。
お久しぶりです、ソニンです!
パソコン動かなくて作業がストップしたので、稽古日誌書くよ〜〜(^O^)

私事ですが、今日はちゃうかちゃわんとして最後の稽古でした。宙裏で寒さに耐えながら、皆で悪戦苦闘して頑張りましたよ。明日はいよいよ第2回通しなので、今出せる全力を出し切ってやりたいと思います!

さて、役者紹介です。今日は「木ノ花散ルヤ」に出てる役者全員を紹介したいと思いますよ〜

上田優(女子高生役)
役者として、可能性がたくさん秘められている。ヒロインのうえだゆが見たいです。スタッフでは期待の制作班として活躍中!これからも頑張ってちゃうかを支えてください。

広橋(教師役)
夏を通して、すごく上手になった!個性の塊みたいな子。たまにいじったら可愛い反応するから可愛い。スタッフとしても役者としても、期待してます。

西浦ゆーすけ(ユウキ役)
耳が広い。のそーっと現れてはすごい格好で台詞覚えてる。その写真は撮らせてくれない。脱外公を心がけていて、その目標は達成されたんちゃうかなと思います。きっと良い男優になるでしょう。また飲もうね。

キムボラ(ユウキ役)
やっぱり演技が上手い!ダメ出しを綺麗に直してくるところが素晴らしいと思う。パープルの筋が通ってるところ、大好きです。何気に同じ作品に出た回数多いからね♡

亀丸匠(警官 リポーター役)
生きてるだけで面白い男。舞台に生きてる役者。意外と変なところで周りを気にする人。色々と話題に上がる有名人。引退したら北新地にご飯行こうね!(笑)

佐藤悠二(カケル役)
今回の座組で一番落ち着いてる、ってゆうか皆の鎮痛剤的役割、、、(笑)いつもありがとう。役者としては、ダメ出しを全部素直に受け入れてくれて嬉しい。本当にまだまだ成長できると思います。

松嶋菜々子(ミサキ役)
うちの癒し。演技が細かくて上手!顔がコロコロ変わるところが素敵で、引き込まれる。良い意味でもっともっと染めたくなるよね(笑)ちゃうかが誇る女優として、皆を引っ張っていってほしい。

岡本卓也(ケイゴ役)
いっぱいダメ出しした、でも挫けない!それがこの子のスゴイところ。いっぱいいっぱい努力して、稽古のたびに良くなる。次はエンタメとか出て、色んな役が出来るようになってほしい。一番楽しみにしてる♡

あかだ(ミチル役)
まず大好き。今回初めての会話劇で、色んなこと言われて色んな壁にぶち当たったと思うけど、それでも努力して稽古に臨んでた。その姿に周りがすごくやる気を貰えたと思う。スタッフとしても活躍が期待されてる優秀な後輩。無理はしないでほしいけど、これからちゃうかちゃわんで輝き続けてほしい!!!

品川拓也(リュウタロウ役)
きっと一番苦労したと思う。それでも一番真面目に役に向き合ってて、流石です。うちの口うるさいダメ出しも聞いてくれて、最後の相方が品川でよかったなと思ってるよ!!!がんばろうね。


はー自己満足でした。ばいばい!


竹内雪乃

30円で買えるときめき


今日は1年で一番ありがとうを言う日です。
21歳になりました。稽古期間と被るとみんなに祝ってもらって幸せです。そして今日は、現役最後の稽古でした。なんというメモリアルDAY。

今公演稽古の1番の思い出を話そうと思います。
練習室4という広い部屋を今回使えることが多かったのですが、そこの階にある自動販売機に綾鷹が売ってるんです。で、3つあるうちのディスプレイのうちのひとつが120円のラベルなんです(他は150円)。選ばれし綾鷹です。わたしは200円を握りしめて考えます「これはわんちゃん80円帰ってくるんじゃないか..」そして心ときめかせながら綾鷹のボタンを押します。

おつりは50円でした。

そんな、切ない思い出です。
昨日確認してみたら、全部ラベルが150円になってました。んー、切ない。

さてさて今公演ですが、わたしは「難攻不落の小田原嬢」に参加しています。モブという名前をもらいながら、様々なところでしゃしゃり出ています。稽古、毎日、本当に楽しいです。

モブ子たち
image-14a86.jpg
左から、変顔が真顔、おぜき、一生懸命な美女、決死の捨て身ガール、ゆるふわミニオンです(悪口じゃないよ)

ちなみにモブ男たち(のうちのひとり)
image-3b08c.jpg
彼は輝くバイタリティです。
大道具チーフおつかれさまです。
その他モブ男にはドヤ顔が真顔、四肢自由自在マンなどがいます。

それでは
11/1 15:00-
11/2 11:00-
11/3 15:00-
大集会室でお待ちしております。

(ちなみに、消費者コントではきららちゃんの第2弾もやるので早めに来て欲しいです。こっちはわたしもどうなるのか、どきどきです)

好きなものは最後に残しておくタイプ

どうもサマンサです!
日付けが変わっていますが昨日の稽古日誌書きます!

第二回通しを土曜に控え、昨日は私達モブの出るシーンを一通りさらっていきました。
確認、洗練、練習を繰り返し、全てのシーンがよりよいものになったと思います。
来週からは仕込みが始まりますが、最後まで気を抜かずに走り抜け、ご来場頂いた方々に心から楽しんでもらえる舞台を作り上げていきたいですね。

それでは、小田原班の役者紹介します!!
今回紹介するのは…舞台を引き立てる、個性豊かな11人!

よしお 松田よ/たよたよ
話し方、哲学的な思考回路、そして鍛え抜かれた筋肉…全てが誰にも真似できない。

かずき 山本だ/ぺんた
どんなシーンでも輝く笑顔を見せつける!

金髪美女 石野/ふらっぺ
ミュージカル大好きな英語専攻のアメリカンな後輩。衣装と役が似合う美人。

局長 山本い/ジョニー
マイペースof theマイペースな後輩。持ち味を生かした役作りをしている

もこみち ドンヒョン/ドンちゃん
韓国生まれのイケメン。ダイナミックなポーズと筋肉美に注目。

司会 西浦/バジル
笑顔に人のよさを隠し切れない後輩。独特な雰囲気。遂に神から人へと変貌した。

小田原の彼氏 福島/陸軍
ハスキーボイスに安定感。今回、消費者コントにも出演している。(with me)

武田の母親 石田/ローラ
裁縫や料理の得意な女子力高めの後輩。今公演では圧倒的存在感を見せつける!

漁師 江田/ぼーちゃん
ちゃうかの誇る飛び道具。一言で場を破壊する能力を持つ。

SP ニヴェ子/ニヴィ
舞台映えするスタイル&身のこなし。外公に続き、出自が存分に活かされている。

次回、役者紹介第2弾!
「モブと主役と演出編」お楽しみに☆


大阪大学劇団ちゃうかちゃわん 第99回 学祭公演

(A) 『木ノ花散ルヤ』
脚本/演出:柴田峻
演出補佐:森村一毅

(B) 『難攻不落の小田原嬢』
脚本/演出:原悠太 
演出補佐:三澤涼香


【日時】
11月1日(日)   11:00〜(A)/15:00〜(B)
11月2日(月)   11:00〜(B)/15:00〜(A)
11月3日(火・祝) 11:00〜(A)/15:00〜(B)

※開場は開演の30分前です。
※当公演はステージによって上演する脚本が異なります。

【場所】
大阪大学豊中キャンパス 学生会館2階 大集会室

○アクセス○
・阪急宝塚線[石橋駅]より徒歩約15分
・大阪モノレール[柴原駅]より徒歩約20分

【料金】
無料!(カンパ制)

【あらすじ】
(A) 『木ノ花散ルヤ』
警察の依頼によって、大阪市内で相次ぐ奇妙な連続殺人事件の捜査に乗り出した探偵のリュウタロウとその助手のミチル。
そのさなか、ミチルの妹・ミサキが遺体となって発見される。
悲しみに暮れるミチルであったが、ミサキの遺体には他の被害者とは異なる特徴があり−

(B) 『難攻不落の小田原嬢』
幾多の男を惑わし振っていく難攻不落の小田原嬢と幾多の女を魅了し落としていく落とし神武田。
突如芸能界デビューを果たし、人気を博した彼らが相対した時、
いったい何が起こるのか。

【ホームページ】
劇団HP
http://www.geocities.jp/chaukachawan/

公演特設サイト
http://www.geocities.co.jp/chaukachawan/gakusai2015/

僕は君と必要十分条件になりたい

27期のビーズこと渡邉光洋です
チラシに書いてある渡邉光洋ってやつが僕、ビーズのことですよ
渡邉光洋であることはビーズであることの必要条件であることは一般に知られていますね
問 では、渡邉光洋であることがビーズであることの十分条件である、という命題の真偽を答えよ。真の場合はその証明を、偽であった場合は反例を上げよ。
この問いが真だったら、渡邉光洋とビーズは必要十分条件、同値⇔になるわけですね
偽だったら渡邉光洋であってビーズでないという領域が存在することになるわけです

うーんなんか深い。

「難攻不落の小田原嬢」の役者紹介するぜ!
今回はモブらしからぬ”モブ”(役名)の方々の紹介をしていきましょう

≪モブ子の方々≫
宗田さん:役に自分を寄せていくのではなく、役を自分に寄せていってしまう恐ろしい人。その強引さはまるで挟み撃ちの定理。
尾関さん:お母さんみたい。その包容力はまるで三平方の定理。
辻さん:キャラがとても濃い。その濃さはまるでド・モルガンの定理。
真田さん:よく話しかけてきてくれる。そのコミュ力はまるで三角関数。
ムンジュ:最近笑いに爆発力が出てきている。その成長はまるで数学的帰納法。
≪モブ男の方々≫
カメマルさん:とにかくおもしろい。強い。まるで相対性理論。
塚本さん:数学が得意。のはず。その上動きのキレがすごい。まるで超ひも理論。
バッハ:外公から度胸と動きのキレの成長が目覚ましい。まるで余弦定理。

役者紹介でした!

2015年10月22日

解析ソイヤ

こんばんは。
最近物忘れがひどい田中丼中田です。
年を感じるのだ。

今回の学祭公演では「難攻不落の小田原嬢」に出演しまっせ。
個性爆発ドバーンって感じの作品です。
てなわけで強烈なキャラを発揮する役者陣(26期編)を紹介しますぞ。



○塚本さん(モブ男)
体の使い方が一流です。ビシッグィーーーンビシッ!って感じです。いつ見てもキマってます。声も素敵です。

○辻さん(モブ子)
お芝居のインパクトがすごいです。動いてるだけでオモロイ。ビュイーンデンデン!って感じです。

○ドンちゃんさん(とにかく明るいもこみち)
the肉体派マッチョです。さわやかなのに今回すっごい役ですね。ヘーイヘーイバンッ!って感じです。

○ニヴィさん(SP)
色んな意味で持ってます。ズルいっす。最高っす。オウイェーエビバーディー!って感じです。

○福島さん(彼氏)
実は軽いらしいです。今回はいつもと違う雰囲気の役ですね。ズンズーンシュパッテン!って感じです。

○ぼーちゃんさん(漁師)
存在感は教室でも発揮されてます。立ってるだけで面白いですね。モワーーーーンって感じです。コスパも最高です。

○三澤さん(ピッキングマスター•演補)
オーラがムンムンです。踊り出したら惹き込まれます。ウーーアハハハッゴン!って感じです。ギャップ萌えです。

○原さん(演出)
脳みその中身が気になります。たぶんえっぐいものがボロボロ出てきます。ブーーンックテッテレーン!って感じです。





ね、皆さんすごい面白い役者さんでしょ。
YES!エンターテイメント!って感じです。

11/1〜3はぜひ学生会館にお越しくださいませ。ENJOY

ボクと板書ととんこつラーメン。

おはようございます。今空き教室で一人カップラーメンを啜っています。
見知らぬ人が入ってきてバリバリ板書始めました。
教室にはラーメンを啜るボクと板書をする見知らぬ人の二人。
うーんカオス。

昨日指名されたので役者紹介をします。

ザラメ大好き岡本(27期)
彼はとてもクセの強い役者です。例える麺バリカタ豚骨らーめん。
今回の役ではそのクセの余り大変四苦八苦しています。そんな彼が本番ではどれ程自然体で演技ができているか、バリカタから麺柔めくらいになっているか、見物ですね。

いろはす大好き広橋(27期)
彼もクセが強いですね。例えるなら横浜家系らーめん。
ボクには彼がアホほど自由な人間なのか、もしくは鬼のように固くなっているだけなのか分かりません。
彼もきっと、本番では菩薩の如き柔和さを見せてくれるのでしょう。楽しみ。

お嬢様系女子上田(27期)
彼女をらーめんに例えることは出来ません。パスタですね。クリーム明太子パスタです。
ギャルっぽい見た目に反して、もしかするとちゃうかちゃわんで一番育ちが良いお嬢様なのかもしれません。
そんな彼女が今回演じるのは…ギャル。うーんホープレス。

関脇親方赤田(27期)
一言で言えば強そう。タイマン張ったら負ける気がします。例えるなら二朗系らーめんでしょうか。
と、冗談はさておき、彼女は今回ヒロインを演じています。一回生なのにすごいね。ちゃうかちゃわん一回生の中でもトップクラスの表現力を秘めているのではないでしょうか。本番までにここからどれ程化けるのか、楽しみです。

ボクが絡むのは以上ですかね。書いてて気づいたけど全員一回生だった。うわぁすごい。

他にも個性的な役者さんがいっぱいです。ぜひともまちかね祭では「此ノ花散ルヤ」、「難攻不落の小田原嬢」共々足をお運びください。

おっ、板書マンがすべての板書を消して帰っていきました。これでまたこの教室にはボク一人です。

うーんホープレス。

以上、カメマルでした。

秋ってほんといい季節だねぇ

こんばんは。27期のろっそです。
最近暗くなるのが早いせいかほんとに夜が長く感じます。得した気分になるのでわりとこの時期好きです。

さて、今日は役者紹介をしようとおもいます。
武田と小田原の役者紹介はもう存分にされてると思うので、今回はこの脚本を賑やかにしてくれるモブの方々を紹介しようと思います。

役名/お名前(敬称略)

モブ@/宗田
とても表現力が豊かな素晴らしい役者さんです。
全身を余すところなく使った彼女の豊かな表現にご注目を。

モブA/ムンジュ
とても努力家な素晴らしい役者さんです。
何度も何度も練習を重ねた末にできあがった彼女の渾身の演技にご注目を。

モブB/尾関
色気のある演技に定評のある素晴らしい役者さんです。
彼女の色気と小田原嬢の魅力はどちらが上なのでしょうか?ご注目を。

モブC/真田
何事にも全力で挑戦する素晴らしい役者さんです。
彼女のコミカルな演技にご注目を。

モブD/辻
とても真面目な素晴らしい役者さんです。
他のモブ子さんたちとのコンビネーション抜群な演技にご注目を。

モブE/塚本
どんな役でも卒なくこなす素晴らしい役者さんです。
七変化する彼の抜群の演技にご注目を。

モブF/中村
新人の中で最もモブとしてのキャリアを持ち、舞台を盛り上げるスキルを磨いてきた素晴らしい役者さんです。
目立ち過ぎず、地味すぎず、絶妙な塩梅の彼の演技にご注目を。

モブG/亀丸
観客を笑わせることに関して、ちゃうか内でトップクラスの実力を持つ素晴らしい役者さんです。
爆笑必至の彼の演技にご注目を。


個性豊かな素晴らしいモブたちが脇を固める『難攻不落の小田原嬢』は11/1〜3の学生会館2階大集会室にて!

2015年10月21日

遅くなってすみません

こんにちは。27期の臼井です。それでは早速、今回わたしが絡む役者のみなさんをご紹介申し上げます。
まずはちゃうか的大スター、難攻不落の田中嬢と落とし神ビーズさんです!
この二人は稽古のあいだじゅう周囲を虜にしてばかりいます。まったくけしからん。だがそれがいい。毎日とても頑張っています。輝いています。好き。

続いてはマグロ漁船の漁師の江田さんですね。彼の表情と口調はわたしの天敵です。一体今まで何度笑わされたことでしょう。つらい。

お次は、犯罪界のアイドル、ピッキングマスター三澤さんです!笑い声がよく響きます。そして佇まいがカッコイイ。ハートをピッキングされそうです。

はい!それでは……あれ?まだメンバーが残ってる?
おっとそうでした、最後にご紹介するのは崖っぷちアイドルこと大崎っちとコイン高橋さんです!大崎っちの魅力溢れるウインクは必見。そしてきゃあああ高橋様ああ!perfect 演技

さあ、皆さん出揃いましたね。それでは、このメンバーで今週もアタック!



毎日大変です。

おはようございます。27期ザラメです。前回の更新の時に、芸名うんたらかんたらって話をしていたの覚えていますか?
覚えていたあなたは相当記憶力がいいか、ザラメの猛烈なファンですね。応援ありがとう。

はい、で僕は今回"西野恭一"という芸名を使っています。パチパチ。自分の本名とは何の関係もないです。では、なぜこの芸名になったのかというと、それは猛烈なファンのあなたになら言うまでもないはずです。この名前は僕が役者デビューした今年のオムニバス公演の時に頂いた初めての役名なのです。

まぁ、僕がその役がけっこう好きだったってのもあるんですが、一番は初心を忘れないようにしたいなと思ったからです。初めて演劇というものに本格的に触れた時の楽しさや何とも言えない喜びといったものを思い出せるようにしたいのです。そうすれば、自分が演劇に取り組む理由をいつでも見直せるかな、と。

朝からちょっとベビーな話になっちゃいましたね(  ̄▽ ̄)こんなはずじゃなかったのに…。
ですが、これを読んで僕も含めた劇団員一同の熱い想いを感じ取って頂けたらなと思います。

あっ、ちなみに初めてもらった役名をそのまま自分の芸名にする人って、ちょくちょくいるみたいですよ。
それが割りとポピュラーだった時代もあるみたいですね。
調べてみると、けっこう面白いと思いますよ。

そして、それよりも面白いちゃうかの舞台まではあと11日!
11/1〜3は大集会室で劇団員一同お待ちしております。
Uセメの小休止にぜひどうぞ🎵
自身の"初心 "に気づくきっかけになるかも知れませんよ。

2015年10月20日

(足首に)ちょっとひとひねり

どうも たよたよですね。
なるほど僕はたよたよであったはずなのですが、何しろはじめに「たよたよ」と名乗り始めた頃から既に半年近くが経とうとしており、ただでさえ老け顔なのに「顔が熟した」などという無礼極まりない表現を受ける程度には歴史が刻まれました。
とはいえ数週間前に書いた稽古日誌では何を考えるでもなく「たよたよである」と名乗っていたはずなので、きっとあの時点で「たよたよ」が再び定義し直されたのでしょう。Reたよたよされたのでしょう。
人間の肌の細胞は約20日サイクル、胃の粘膜などに至っては3日ほどで全て入れ替わってしまう(10代の場合)といいますが、肌が古かろうが新しかろうが、腕が5本あろうが7本あろうがやはりたよたよはたよたよであると思われるので、ここでは便宜上「約たよたよである」と名乗っても差し支えないように思われます。
どうも 約たよたよです。

_人人人人人_
> 約たよたよ <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


さて 稽古日誌と銘打って僕自身の話をし続けるのもあれなので、ととっと役者紹介にうつろうと思います。今回は辛うじて共演する人と、松田さんを紹介していきましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

小田原(田中どん)
四字熟語で言うと「遮二無二」
母にこの子の話をすると「あーあの美人の子ね」って返される。最近返事が雑。

ひろし(なかしさん)
四字熟語で言うと「痩身長躯」
長い。舞台のある大集会室の外からでも容易に観測できそうなぐらいの存在感。屋根からなんか飛び出してると思ったら大体この人だろう。

かずき(ポン太)
四字熟語で言うと「残念美男」
笑顔が素敵。案外親しみのある笑顔をもっている。噂では笑顔が素敵だとか。

局長(ジョニー)
あえて四字熟語で言うと「五里霧中」
映画の日本語吹き替えみたいな喋り方が得意。無人島に行ったら早めに死にそう。

野良犬(すがはらさん)
四字熟語で言うと「菅原優香」
どんな雑な話題にも雑に答えてくれるすごい人。頭のそれに反して体のキレがすごい(すごい)

まさこ(松田さん)
四字熟語で言うと「怪力乱神」
僕のいとこと名前が3文字被っている。いつ見ても視線が読めない。誰よりも笑いをとる一方で、誰よりもよく笑う。



今回紹介したのは全体のほんのごく一部に過ぎません。本番では夥しい数のキャストが舞台を埋めたり埋められたりすることでしょう。大阪大学まちかね祭、阪大生が阪大でお待ちしております。

それでは長くなりましたが今回はこの辺で󾮕
なお、上記〜〜(波線)まで書いた時点で溝に落ちました。

10月17日/19日の稽古日誌

はい。
土曜日に稽古日誌をあてられていましたが残念ながら本日火曜日に書いています。こういう時、直近の稽古の内容を書くべきか当てられていた日のことを書くべきか迷います。


土曜日は第1回の通し稽古をやって、昨日はその反省をいかしての稽古、という感じでした。第1回通しが終わったということで本番まであと2週間を切っています。去年もそうでしたが、学祭公演は他の公演と比べて期間が短くて走り抜けてる感が強いです。

あと、2班に分かれて稽古を行う学祭公演は片方の班は練習室で稽古出来るのですが、もう一方の班は屋外稽古になります。そのせいか去年は屋外稽古をしていた班の半数以上が風邪をひく、みたいなことがあったと思うのですが今年は比較的みんな健康ですね。
風邪をひくなら11月3日より後にするとしてこのまま体調万全で本番までいければなぁと思っています。


どちらの日の稽古もとにかくシーン練習をして完成度を上げていく段階に入っているので余り書けませんでしたがこんな感じです。11月1〜3日、よろしくお願いします。博多でした。

2015年10月19日

いつの間にか秋

こんばんは
大学生の夏休みって9月まであるんでどこまでが夏でどこまでが秋かわからないですね。気がついたら秋刀魚の季節も終わりそうですね。今年は三回ほど家で焼いて食べたのでもう満足です。話が脱線しました。ぼーです。

今日は久しぶりにミニゲームをしました。2回生になってからキャンパス移動が増えてあまりミニゲームに参加できなくなったので久しぶりにやると新鮮ですね。発声をした後に基礎練とテンションをあげるための時間がある。キャンパス移動に時間をとられる身としては貴重なことなのかもしれませんね。

シーン練もしました。どんどんシーンがパワープしていってますね。原くんの今回の脚本はやりたいことと人を笑わせるためにこれでもかと言うほどのキャスト数を増やしてます。舞台上に人がいっぱいいるの見ててもやってても楽しいですね。そんな劇の情報は下にありますのでぜひ目を通してください。そして足を運んで頂けたら幸いです。

大阪大学劇団ちゃうかちゃわん

99回 学祭公演

 

(A) 『木ノ花散ルヤ』

脚本/演出:柴田峻

演出補佐:森村一毅

 

(B) 『難攻不落の小田原嬢』

脚本/演出:原悠太 

演出補佐:三澤涼香

 

 

【日時】

111()   11:00(A)/15:00(B)

112()   11:00(B)/15:00(A)

113(火・祝) 11:00(A)/15:00(B)

 

※開場は開演の30分前です。

※当公演はステージによって上演する脚本が異なります。

 

【場所】

大阪大学豊中キャンパス 学生会館2階 大集会室

 

アクセス

・阪急宝塚線[石橋駅]より徒歩約15

・大阪モノレール[柴原駅]より徒歩約20

 

 

【料金】

無料!(カンパ制)

 

 

【あらすじ】

(A) 『木ノ花散ルヤ』

警察の依頼によって、大阪市内で相次ぐ奇妙な連続殺人事件の捜査に乗り出した探偵のリュウタロウとその助手のミチル。

そのさなか、ミチルの妹・ミサキが遺体となって発見される。

悲しみに暮れるミチルであったが、ミサキの遺体には他の被害者とは異なる特徴があり

 

(B) 『難攻不落の小田原嬢』

幾多の男を惑わし振っていく難攻不落の小田原嬢と幾多の女を魅了し落としていく落とし神武田。

突如芸能界デビューを果たし、人気を博した彼らが相対した時、

いったい何が起こるのか。

 

 

【ホームページ】

劇団HP

http://www.geocities.jp/chaukachawan/

 

公演特設サイト

http://www.geocities.co.jp/chaukachawan/gakusai2015/

 

<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
過去ログ
記事検索


大阪大学 劇団ちゃうかちゃわん
Mail: chauka.osaka[at]gmail.com
Copyright(C) 2009-2011 GEKIDAN CHAUKACHAWAN

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。